りんくしました


りんくしすぎ!∑(゚Д゚;)
by ff_shaft
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
最新のトラックバック
とんがれっ
from タルと片手斧
お部屋公開っつーか後悔し..
from FeliceのLOVELY-..
気になる?BC
from おきらくなまいにち
フォロー中のブログ
りんくしました
Keron (鼻血タル外伝)
腹黒ぃ騎士
FF11 ヴァナとリアルをコンバート★
タルタル☆ファイブ
タルと片手斧
いろいろとね
Soliloquy
【ダルメル】【エキサイト】

ノート
SQUARE ENIX
FINAL FANTASY XI

PC:Shaft
Rank:Bastok Rank 10

Zilart Mission:
宿星の座
Promathia Mission:

Aht Urhgan Mission:
少女の傀儡

Job:
THF Lv75
NIN Lv75
MNK Lv75
RDM Lv75
BST Lv75
DNC Lv37
DRK Lv37↑
PLD Lv24

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:FFXI-BCNM( 16 )


「應龍来来」

末席に加えて頂いておりますリンバスLS、
その構成LSにてオウリュウ戦に行くのでメンバー募集との事。
(私の所属しているリンバスLSとか裏LSは複数LSの集合体なのです)

オウリュウってプロマシアミッションじゃろかー?と思っていたらどうも違う。
「應龍来来」っていう祈雨石を使って突入するBCらしい。
(祈雨石は各種ENMで稀に手に入るらしいぞ)

赤魔導士で来て欲しいとの事でしたのでホイホイと参加。

構成は、ナナ白赤赤吟、黒黒黒黒黒赤、暗侍白赤赤赤、の18名だったかな。

経験者は何人か居たみたいでしたが、ほぼ初挑戦みたいな感じでしたし、
1戦目は運悪く土曜日だったと言う事もあり時間切れで敗北。
しかし曜日が変わってからの2戦目、3戦目は余裕を持って倒す事が出来ました。

ドロップは、
チュトラリー
御神木
昆吾石
真龍角
龍の肉
帝龍の玉
等などでした。

ドロップ品は1つまでフリーロットというルールで、私はチュトラリーをゲット。

チュトラリー
D35 隔226 HP+30 攻-10 防+14
Lv68~ 戦黒赤シナ暗獣吟狩忍竜コ

どう見てもナイト用の片手剣ですよねー。
赤魔導士でスピリットウィズイン撃つ時には使えるかも知れませんが、
そんな機会は滅多に無いですからね、競売に出品ですかな・・・。

そうそう、称号が 應龍調伏猛士 になったのですが、
その後、タブナジアクエスト「招かざる影たち」をやったので、
帝龍の飛泉調査員 になってしまって、ちょっとがっかり。(笑)
[PR]

by ff_shaft | 2007-02-13 11:21 | FFXI-BCNM

獣神印章30BC「四季悪日」

獣人印章が400枚弱、獣神印章が300枚強あってモグロッカーを圧迫してます。
で、リンバスLSの面々が神BCに行くと言うので、ほいほいと着いて行ってきました。

選んだのは「四季悪日」 (初) というBC。
なんでも木が4体居て、1体が倒されそうになると次の木が襲ってくるという
プロマシアミッションのどこかであったような設定ですね。
(確か実装されたのはこのBCの方が先だと思うのだけれども)

黒が多い方が良いという情報があるようで、
構成は、忍(私)白黒黒赤詩。

敵は、
Gilagoge Tlugvi (白魔導士)
Goga Tlugvi (モンク)
Ulagohvsdi Tlugvi (忍者)
Gola Tlugvi (暗黒)
で、それぞれ後半に2hアビを使ってくるそうな。

戦闘手順は、最初にモンク(木)をBC入り口まで釣ってきて忍者がガチ勝負。
百烈拳が来たらスリプルで寝かせて動き出した忍者(木)を迎えにBC奥へ移動。
スリプルが切れて百烈拳も切れたらモンク(木)は黒魔導士が掃除。
忍者(木)のHPが1/3近くなったら一旦寝かせて各自微塵に備える。
一斉に攻撃して微塵が来ても一気に倒す。
暗黒(木)が動き出しているので、微塵のダメが大きければ寝かせ、
微塵のダメがたいしたこと無ければそのまま攻撃続行。
ここまで来れば後は楽勝って手筈でした。

しかし黒魔導士がモンク(木)を掃除するところが上手く行かなかったり、
そもそも最初のモンク(木)と忍者(私)とでガチする際の安定度が運次第だったりなので、
これはいかんと作戦を練り直し。

構成を、忍(私)忍白黒赤詩に変更。
戦闘手順は、最初のモンク(木)をBC入り口まで釣ってきて忍者2名で削る。
百烈拳が来たらスリプルで寝かせて動き出した忍者(木)とBC奥で戦闘。
スリプルが切れて百烈拳も切れたらモンク(木)が忍者(私達)に向かってくるので、
モンク(木)にタゲを切り替えて忍者(私達)と黒とで倒す。
忍者(木)はその後に1/3近くまで削って、忍者(味方)の1名は遠いところに退避。
微塵対策をして一気に攻撃して倒す。
その後は楽勝コースなので(略)

最初の構成の2戦目、私のオーブの時にモンク(木)の攻撃を回避出来ず、
私が倒れたのをきっかけに全滅退場となってしまいましたが、
その後は順調に安定して勝てまして、御神木とかモルゲンステルンとか出てました。

コツはつかめたので、次回からは100%勝てるんではないかなー。
[PR]

by ff_shaft | 2007-02-08 14:36 | FFXI-BCNM

獣人印章60BC「蒼の血族」

野良で募集していた獣人印章60BC「蒼の血族」に行ってきました。

今までは「難しいBCなので気心の知れたLSメンと行きたいなぁ。」とか、
「野良で行くと失敗して獣人印章60枚もロストするのが痛いなぁ。」とか
色々思うところがあって、行きたくても行かなかったBCの一つなのですが、

最近は シャウトを聞いた時が吉日 という
「石橋を叩き壊して渡らない。」 を座右の銘にしている私にしては珍しい
ポジティブシンキングな日々 を送っているので、即 /tell 入れて参加。

獣人印章60BC「蒼の血族」
[PR]

by ff_shaft | 2006-03-14 11:43 | FFXI-BCNM

獣神印章30BC「軍隊蠍の行軍」-32戦目~39戦目

いやはや、油断しちゃいました。
1戦目全滅・・・。orz

今までLSメンと30戦もこなしてきたと言っても、
さすがに獣神印章BC、なめてかかってはいけませんでしたね・・・。

気を引き締めて
[PR]

by ff_shaft | 2005-11-24 13:46 | FFXI-BCNM

獣人印章60BC「美髯公」-bloggers編

てんちを様 に召喚されまして、
憎たらしい猫 の退治に参加してきました。

メンバーは
[PR]

by ff_shaft | 2005-11-17 16:31 | FFXI-BCNM

獣神印章30BC「軍隊蠍の行軍」-24戦目~31戦目

先週、LSメンの獣神印章が30枚集まったという連絡を受けまして、
久しぶりにBCNM戦に行く事になりました。

選んだBCは、うちのLSではお馴染の 「軍隊蠍の行軍」
通称 「サソリBC」 です。

24戦目~31戦目
[PR]

by ff_shaft | 2005-09-26 12:34 | FFXI-BCNM

獣人印章60BC「南海の魔人」「美髯公」

週末にLSメンバーとBCNMツアーに行ってきました。

Lv60制限、制限人数3名の「南海の魔人」を6戦。
同じくLv60制限、制限人数3名の「美髯公」を4戦。
結果は10戦全勝でした。

高額ドロップ品は、フィロマスストールが3本、ペニテントロープが1本。
私はペニテントロープをゲットしました。

ペニテントロープ
防4 HP-20 INT+5 MND+5 敵対心-3
Lv60~ 白黒赤吟召

私の場合、赤魔道士で使うと良さそうですね、敵対心-3ってのが凄い・・。
[PR]

by ff_shaft | 2005-07-19 11:05 | FFXI-BCNM

獣人印章60BC「美髯公」

忍者のレベルが60になりましたのでBCNMの選択肢が増えました!

今回は忍者と白が必須(だと思う)のBCNM「美髯公」に行ってきました。

詳細
[PR]

by ff_shaft | 2005-06-27 12:04 | FFXI-BCNM

獣人印章20BC「恐怖の狙撃手」

マネキンパーツ集め巡業の一環として
またしても獣人印章20BCに行ってきました。

第二弾は魚BC
[PR]

by ff_shaft | 2005-05-12 17:03 | FFXI-BCNM

獣人印章20BC「甲殻小隊」

先日のバージョンアップでマネキン関係のクエも複数追加されたようで、
「これはいい加減マネキンを取っておかないとな・・」と思いまして、
マネキンクエ未クリアのLSメンと行ってみる事にしました。

カニBC詳細
[PR]

by ff_shaft | 2005-04-26 11:38 | FFXI-BCNM